必ず寝る前に

many drugs lying on the floor

不眠症に悩まされると睡眠薬を利用しようと考える人は多いでしょう。5人居れば1人は不眠症になっていると言われているくらいですから、睡眠薬を欲している人は非常に多いと考えられます。睡眠薬を使用する場合に気をつけてほしいのが飲酒です。睡眠薬の注意書きには飲酒は控えてくださいと書かれていることがほとんどです。では、なぜ飲酒をしてはいけないのかと言いますと、まず睡眠薬の効果が弱まってしまうといった問題が起こるからです。更に睡眠薬の副作用が強くなってしまう危険があります。睡眠薬の副作用には眠気や筋弛緩によってふらついてしまう場合があります。なので、絶対に睡眠薬は就寝前に服用するようにしてください。もしも睡眠薬を飲んでから車の運転や機械の操作をしてしまうと副作用によって高確率で事故を引き起こしてしまいます。自分だけではなく周りも危険に巻き込んでしまうので、絶対に睡眠薬の使用は就寝前に行ってください。もしも服用後に用事を思い出したとしても眠ることを優先させるようにしましょう。薬にの効果が翌日にまで残ってしまう副作用もあります。この副作用のことを持ち越し効果と言います。この副作用を防ぐには、短時間の睡眠では睡眠薬を使わないことです。まとまった睡眠時間を取れる時にだけ睡眠薬を使うようにしましょう。
不眠症の症状によって効果的な睡眠薬は変わっていきます。なので睡眠薬を購入する際は、じぶんの症状と照らし合わせて購入するようにしましょう。